ロッテ・吉井監督 「ワシの121勝軽くオーバーしていただき…」200勝達成のダルをユニークに祝福

[ 2024年5月21日 01:30 ]

ナ・リーグ   パドレス9-1ブレーブス ( 2024年5月19日    アトランタ )

ロッテ・吉井監督
Photo By スポニチ

 日米通算200勝を達成したパドレス・ダルビッシュについて、日本ハム時代に投手コーチとして指導していたロッテ・吉井監督は「向上心、好奇心が凄く強い選手だと思いました」と懐かしんだ。

 昨年3月のWBCでは侍ジャパンの投手コーチを務め、師弟で世界一に貢献。「米国に行って、さらに磨きがかかって人間的にも大きくなったなと感じています」と語り、続けて「本当に野球人として尊敬できる後輩。ワシの日米通算121勝を軽くオーバーしていただきありがとうございます」とユーモアを交えて称えた。

 ▼カブス・今永 現代野球で200勝するのは凄く厳しいと言われている中、肘の手術もしているし、想像つかない数字。フィジカルで負けていないのが一番凄い。

 ▼パドレス・松井 本当に凄い。まだまだ通過点だと思う。節目のタイミングで(同じチームで)一緒に過ごせているのは、野球人として幸せ。

 ▼中日・中田(日本ハム時代の元同僚で3学年後輩)日米通算200勝おめでとうございます。プレーする姿勢、技術はもちろん、人としても尊敬する先輩の大偉業に大変うれしく思います。自分も任された場面で、しっかり結果が残せるよう、一つ一つの試合を大切に取り組んでいきたいと思います。

 ▼巨人・戸郷(23年WBCで同僚)凄いの一言。あれだけの球の質を投げていて、いろんなことを勉強されている。知識量が違う。(WBCで)会話ができたことは財産。僕も(200勝を)目指したい。

 ▼ソフトバンク・山川(23年WBCで同僚)めちゃくちゃお世話になりましたし、本塁打を打ったら“ナイスホームラン”とか毎回メールをくれます。トークレベルから異次元で、意識の高い方です。
 ▼ソフトバンク・和田(08年北京五輪で同僚)素晴らしいの一言。恵まれた才能、それ以上にうまくなるために努力を続ける。(自身も日米通算200勝まで残り36)僕が36勝できたら、彼は300勝いけますよ(笑い)。

 ▼オリックス・中嶋監督(現役時代に日本ハムで4試合先発バッテリーを組んで0勝3敗)プロ入りしたときはヒョロヒョロの体をしたヤンチャな選手でしたが、凄いポテンシャルを持っていた。まだまだ活躍してもらわなければいけませんが、ダルの実力からしたら200勝は遅かったですね(笑い)。

 ▼中日・高橋宏(23年WBCで同僚)今日も初回から最後まで見ていた。やっぱり負けない投手だと思う。そこを見習いたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース