西武・武内 登板機会開くため抹消 練習は別メニューも脚は「大丈夫」

[ 2024年5月21日 05:30 ]

出場選手登録を外れた西武・武内
Photo By スポニチ

 西武・ドラフト1位の武内が出場選手登録を外れた。当面の登板機会がないためで、青木投手コーチは「元々、この10日間は登板予定がなかったので」と説明した。

 前日のソフトバンク戦は1―0でのプロ初完封目前の9回無死一塁で左太腿裏がつって無念の降板。

 この日は埼玉・所沢の球団施設で行われた投手練習に参加し、別メニューながら「(脚は)大丈夫です」と明るい表情だった。

 最下位に低迷するチームの希望の光でもある左腕は、30日から1軍登録が可能となる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース