【高校野球】春季近畿大会の組み合わせ決定 今秋ドラフト候補・今坂幸暉擁する大院大高は須磨翔風と対戦

[ 2024年5月21日 19:20 ]

大院大高・今坂幸暉
Photo By スポニチ

 高校野球の春季近畿地区大会(5月25日開幕、兵庫・明石トーカロ球場)の組み合わせが21日、決まった。近畿2府4県から全8校(開催県の兵庫のみ3校)が出場する。

 今秋ドラフト候補の今坂幸暉(3年)を擁して、大阪大会で履正社、大阪桐蔭の2強を撃破した大院大高(大阪)は、26日の第1試合で好投手・槙野遙斗(3年)がいる須磨翔風(兵庫2位)との対戦が決まった。今春選抜に出場した京都国際(京都)は、25日の第2試合で明石商(兵庫3位)と対戦する。以下、1回戦の対戦カード。

 ◆25日第1試合(10時~)
 社(兵庫1位)―天理(奈良)
 ◆25日第2試合(12時30分~)
 明石商(兵庫3位)―京都国際(京都)
 ◆26日第1試合(10時~)
 須磨翔風(兵庫2位)―大院大高(大阪)
 ◆26日第2試合(12時30分~)
 滋賀学園(滋賀)―智弁和歌山(和歌山)

 大会は順調なら6月1日に準決勝を行い、同2日の12時から決勝を行う。球場はすべて明石トーカロ球場。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース