西武・今井達也が指先から出血で初回に5失点と大誤算…チームは5連敗中で借金14

[ 2024年5月21日 18:23 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2024年5月21日    ベルーナD )

<西・ロ(7)>初回、ソトに適時打を浴びる今井。右太股は血の跡が (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武・今井達也投手の指先が初回から出血するアクシデントに見舞われた。

 初回1死から友杉、高部に連打を許し、ソトに先制の中前適時打を浴びた。

 マメを潰したのか、今井のユニホームは右の太股付近に血がついていた。

 さらにポランコには四球を与えて1死満塁となり、中村奨吾には2点適時二塁打を浴びるなど33球を要し6安打5失点を喫した。

 今季防御率1点台と絶好調の右腕に異変。初回で今季の最多失点を更新してしまった。

 西武は現在5連敗中で、借金は最多14。ロッテには今季0勝6敗とまだ白星がない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース