オリックス リーグ防御率トップのエスピノーザがまさか 来日ワースト5回5失点で降板 

[ 2024年5月21日 20:06 ]

パ・リーグ   オリックス-日本ハム ( 2024年5月21日    エスコンF )

<日・オ(10)>先発のエスピノーザ(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・エスピノーザが来日ワーストの5回5失点で降板を強いられた。

 2回までは走者を出しながらも無失点でしのいだが、この日は制球に苦しんだ。3点リードの3回に5安打を集められて3失点し同点に追いつかれると、続く4回には1死一塁から水野に左中間へ逆転2ランを献上。5回限りで降板を強いられた。

 試合前までリーグトップの防御率1・35と貢献を続けていた助っ人右腕だったが、初見参のエスコンFは苦い登板となってしまった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース