北九大が首位タイで決定戦へ 最終戦で九大下し8勝2敗1分

[ 2024年5月21日 18:47 ]

九州六大学野球最終日   北九大10―6九大 ( 2024年5月21日    福岡県・光陵グリーンスタジアム )

<九大・北九大>8回にダメ押しの今季4号ソロを放った北九大・石橋は笑顔でホームイン
Photo By スポニチ

 雨で順延されていた最終戦(12日の第5週2日目)の3試合が行われた。同率首位の北九大は、4番打者、石橋昂樹(4年)が今季4号ソロを含む3安打2打点1四球(申告敬遠による)で打線を引っ張り、2ケタ得点を挙げて九大を下した。

 石橋は「本塁打はインローのまっすぐ。あの打席は先頭打者だったので長打を狙っていた」と会心の左越え弾に満足げ。2試合連続の4号で2季連続のリーグ本塁打王が決定。打率も・488、打点は21でそれぞれ部門トップで終了し、リーグ3冠王に輝いた。
 通算8勝2敗1分けの首位タイでリーグ戦を終えた北九大は、西南大に敗れて2位に終わった昨年春以来の決定戦(25日・今津)に進んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース