阪神・村上 広島・床田との防御率争いに闘志 21日先発「野手9人いると思って投げたい」

[ 2024年5月21日 05:15 ]

練習中、笑顔を見せる阪神・村上(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 阪神・村上は甲子園での投手練習で最終調整し、広島・床田とのリーグ防御率1、2位の直接対決へ向けて「なかなか点を取れない。打たれないように」と表情を引き締めた。

 21日に早くも今季4度目の投げ合い。打者として7打数2安打を許した過去3度の対戦も踏まえて「床田さんは野手並み。ピッチャーがいると思わず、野手9人がいると思って投げたい」と意を強くした。

 東洋大の2学年先輩に当たる末包は同部屋だった縁もあり「良くしてもらった。しっかり結果で返したい」と“恩返し”を予告した。

 プロでは2年前に2軍で1打席だけ対戦して遊ゴロ。今回1軍で初対決を見込まれ、「勢いづいたら止められない。気をつけて低くコースを狙って」と思い描いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース