日本ハム・山崎福也 古巣オリックス戦に初登板し6回途中4失点 勝ち投手の権利を得る

[ 2024年5月21日 20:11 ]

パ・リーグ   日本ハムーオリックス ( 2024年5月21日    エスコンF )

<日・オ>力投する先発の山崎(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの山崎福也投手(31)が21日、古巣オリックス戦(エスコンF)に先発登板。6回途中4失点、勝利投手の権利を得て降板した。

 初回、先頭の福田に左前打を許したが、後続を遊併殺打、遊ゴロに打ち取る上々の立ち上がりを見せた。

 しかし、2回に古巣打線につかまった。1死から四球でランナーを出すと、宗、太田、西野、茶野と4連打を許して3失点。2死一、二塁から西川にも右前打とされたが、右翼・万波の好返球で本塁タッチアウトとなり、ピンチを切り抜けた。

 3回以降は切り替えてテンポよく投げ込んだ。4、5回と連続で3者凡退に抑えるとマウンド上で吠え、、珍しく感情をあらわにした。

 6回は先頭から連打を許し、1死としたところで降板。5回1/3を投げて今季最多4失点も、古巣相手に92球の熱投を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年5月21日のニュース