×

巨人・戸郷、4勝目なるか 6回3失点で降板も直後に打線が勝ち越し「3点取られて悔しいですし反省点」

[ 2022年5月4日 16:47 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2022年5月4日    マツダ )

<広・巨>力投する先発の戸郷(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 巨人の戸郷翔征投手(22)が広島戦(マツダ)で今季6度目の先発登板。6回7安打3失点での降板直後に打線が勝ち越し点を奪い、今季4勝目の権利を得ての投手交代となった。

 初回にいきなり2四球を出し、バッテリーを組む大城の悪送球もあって2死満塁のピンチを招いたものの、無失点という立ち上がり。

 その後も先頭に安打を許した3回と4回はともに好守で三塁進塁を阻止した戸郷だったが、5回につかまった。先頭の相手先発右腕・九里に右前打、続く堂林に左前打されて無死一、二塁。上本のゴロは二走・九里と遊撃を守る湯浅が交錯して九里が守備妨害でアウトとなった。交錯しなければ併殺打コースだったため原監督が審判に確認したが、判定は変わらず。さらに西川の三塁線に転がったボテボテのゴロを岡本和が見送ると、打球は三塁ベース手前で内側に方向を変える内野安打となり、1死満塁とピンチが広がった。そして、マクブルームに右前2点適時打を打たれて先制を許すと、さらに中村健にも左前適時打を打たれて計3点を先取された。

 それでも、直後の6回に主砲・岡本和が起死回生の同点3ラン。これに勇気をもらった戸郷はその裏、矢野、代打・末包を連続三振に取るなど3者凡退で無失点。7回、先頭打者として打席が回ると代打・広岡を送られ、ここで降板となった。この回無得点なら戸郷の4勝目は消滅するところだったが、四球を選んだ広岡が三塁まで進み、代打・中島の左翼線二塁打で勝ち越し。戸郷に勝利投手の権利が発生した。

 戸郷の投球内容は6回で打者28人に対して117球を投げ、7安打3失点。5三振を奪い、与えた四球は2つ、直球のMAXは150キロだった。

 広島戦は早くも今季3度目の登板で、広島先発右腕・九里とは3度目の投げ合い。スコアはともに勝者から見て3―1で、4月5日(マツダ)は広島&九里、同19日(東京D)は巨人&戸郷とホームチームに軍配が上がっていた。

 ▼戸郷 チームが苦しい状況だったので0点で抑えたかったですけど、3点取られて悔しいですし、反省点です。もっと粘り強く投げたかったです。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月4日のニュース