×

阪神 右のロハスがいいんです! 昨季苦戦も今春は打率・385 開幕6番へ大野雄撃ちで3戦連続打点

[ 2022年3月12日 05:30 ]

オープン戦   阪神6-1中日 ( 2022年3月11日    甲子園 )

<神・中>6回1死一塁、適時二塁打を放ったロハスはベンチに向かってガッツポーズ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 「右の覚醒」で阪神のロハス・ジュニアが開幕6番の座をつかもうとしている。左飛2本の後の6回無死一塁の第3打席。大野雄の初球ツーシームを再び引っ張った打球は、浜風にも乗って左翼フェンスを直撃。決勝適時二塁打でオープン戦3試合連続打点をマークした。

 「いい状態でできていると思う。自分が打つことはイコール得点になっているので。みんなが走ってくれたおかげではあるんですけど、チーム全体として力強くなるためにはこういう仕事が大事だと思っている」

 昨季は打率・148とさっぱりだった対左投手で、今春のオープン戦では5安打を放ち、打率・385。相手先発が左腕でも、スタメン起用される可能性が高まるはずだ。まして、この日の相手は球界を代表するサウスポー・大野雄。「いい投手が出てきて打てることは、自分をよりよくできる機会。自分を上に見ているわけではないけど、自分はいつも1番だと思って打席に立っているし、1番の投手から打てるのはより自信になる」と手応え十分だった。 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年3月12日のニュース