eスポーツの「プロスピAリーグ」 パ・リーグは楽天がリーグ優勝 ロッテ、ソフトBと3チームがCS進出

[ 2022年1月9日 21:41 ]

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催する「eBASEBALL プロスピAリーグ」の2021年シーズンは9日、パ・リーグの第5節3カードが行われ、楽天がリーグ優勝を飾った。

 「eBASEBALL プロスピAリーグ」は、モバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」を競技タイトルとしたeスポーツのリーグ。12球団の代表選手がプロ野球と同様にセ、パ両リーグに分かれて日本一の座を目指して競う。

 この日、楽天はソフトバンク戦に2勝1敗。ロッテは西武戦に1勝2敗と負け越して優勝を逃した。オリックスは日本ハム戦に3連勝だった。

 この結果、優勝した楽天とロッテ、ソフトバンクの3チームが「eクライマックスシリーズ」への進出を決めた。

 セ・リーグは広島が12勝3敗の好成績でリーグ優勝。中日、ヤクルトとの3チームが「eクライマックスシリーズ」に進出する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2022年1月9日のニュース