×

阪神・森木「終わりにも近づいているという」矢野監督の訓示に決意新た 新人合同自主トレ初日

[ 2022年1月9日 16:00 ]

<阪神 新人合同自主トレ> キャッチボールをする森木 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位・森木大智投手(18=高知)が9日、新人合同自主トレの初日を終えて、決意を新たにした。

 この日はキャッチボールなどで汗。練習前には他の同期入団の面々とともに矢野監督から訓示を受け「(監督は)プロ野球生活の始まりでもあり、終わりにも近づいているという。自分はどういう形で終わりたいのかというのを意識して1日、1日を大切にという言葉をいただきました」と明かした。

 寮生活では、先輩の佐藤輝、中野らに挨拶も済ませたといい「打者の佐藤さんにも話をしたいと思っています」と意気込んだ。「1年目から1軍で何とか1勝をまず獲るということをテーマにしてやっているので、それを実現できるように、前を向いてやっていきたい」。キャリアの長短を自分次第とばかりに、1年目から野望を胸に挑む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月9日のニュース