×

阪神ドラフト2位・鈴木はブリッジ男子!? キャッチボール前のケガ予防に採用「体が柔らかくなった」

[ 2022年1月9日 05:30 ]

ウエイトトレーニングをする阪神・鈴木
Photo By スポニチ

 阪神ドラフト2位・鈴木(創価大)は、ブリッジ男子!?鳴尾浜での自主トレで、キャッチボール前にブリッジを敢行。オリックス・山本らも採用しているルーティンで、「大学に入ってからストレッチでいつもやっています。(意識は)胸郭だったり背中だったり。ケガしにくくなったのと、やる前よりも(体が)柔らかくなりました」と効果を説明した。

 “いいとこ取り”で故障予防を図る。ブリッジ以外にも現ツインズ・前田健太の「マエケン体操」などを参考にする左腕。「動画とかストレッチとかを見ていろいろ参考にしていますし、いいなと思ったものは積極的に採り入れています」と意識は高い。「ケガをせずに1年間終えることを目標にやっている。トレーニングやストレッチも変わらずにこれからも毎日やっていきます」とうなずいた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月9日のニュース