×

新庄ビッグボス 自主トレ視察で鎌ケ谷フィーバー!ファン263人、報道26社78人

[ 2022年1月9日 14:44 ]

<日本ハム新人合同自主トレ>鎌ヶ谷に視察に訪れた新庄監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムのビッグボスこと新庄剛志監督(49)が9日、千葉県鎌ケ谷市のファイターズ鎌ケ谷スタジアムで始まった新人合同自主トレを視察するなどした。同スタジアムにはファン263人、報道26社78人が詰めかけた。

 球団は今回、新型コロナウイルス感染防止対策をとった上で、スタジアム内野スタンドの無料開放を行っており、単純比較はできないが、昨季限りで引退した斎藤佑樹投手が入団し、スタジアムに隣接する「勇翔寮」に入寮した2011年1月11日には、ファン約300人、報道31社約200人が鎌ケ谷に集結。現在、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が入団し、新人合同自主トレ初の週末となった2013年1月12日は約400人のファンが集まった。

 日本ハムの新人合同自主トレは、27日まで行われ、新型コロナウイルス感染防止対策をとった上で、内野スタンドを来場者向けに無料開放。練習休日予定日の12、16、20、24日はスタンドの開放は行わない。22日は「2022ルーキー鎌スタ☆お披露目会」が開催されるため、入場チケットが必要となる。

 ▼ファイターズタウン(千葉県鎌ケ谷市中沢459) 両翼100メートル、中堅122メートルの鎌ケ谷スタジアムと勇翔寮、室内練習場が隣接する。交通アクセスは船橋から11分の鎌ケ谷駅からタクシーで約10分。東京から45分の市川大野駅からはタクシーで約15分。路線バスは西船橋、船橋法典の各駅から京成バスで終点ファイターズタウン鎌ケ谷停留所下車。敷地内駐車場は約300台分がある。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月9日のニュース