セはG戦防御率0・00の高橋とエース菅野が激突 パは朗希VS則本昂 CS初戦の予告先発が発表に

[ 2021年11月5日 16:13 ]

セ・パ両CSの予告先発投手。左から阪神・高橋遥、巨人・菅野、ロッテ・佐々木朗、楽天・則本
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は5日、あす6日に始まるセ・パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージで予告先発する4投手を発表した。

 セ・リーグは2位・阪神が今季4勝を挙げ、巨人戦16イニング無失点だった左腕の高橋遥人投手(25)が先発。9月以降に失速した3位・巨人は前半戦で4度登録抹消されるなど苦しむも9月以降に4勝を挙げて復調したエースの菅野智之投手(32)が大事な初戦の先発マウンドに上がる。

 パ・リーグは2位・ロッテが今季3勝の佐々木朗希投手(20)、3位・楽天はチーム最多の11勝をマークした則本昂大投手(30)がそれぞれ先発する。MAX163キロを誇る佐々木朗は3日に20歳の誕生日を迎えたばかりで、成人初登板がCS開幕投手。則本昂は今季ロッテ戦の防御率が1.61となっている。

 CSファーストステージは3試合制で行われ、勝者が各リーグの優勝チームであるヤクルト、オリックスが待ち受けるファイナルステージへ進出。ファイナルステージは6試合制で10日から開催され、優勝チームにアドバンテージ1勝が付与される。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月5日のニュース