×

ソフトB・王特別チームアドバイザーが“初仕事”、キャンプで1年目・井上らに打撃指導「底上げしたい」

[ 2021年11月5日 05:30 ]

<ソフトバンク秋季キャンプ>リチャード(左)を指導する王会長兼特別チームアドバイザー(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの王会長が、特別チームアドバイザーの肩書が加わってからの初仕事を終えた。

 練習開始前の円陣では「積極的に質問をしてコーチを活用する。自分から聞きなさい」と成長意欲の向上を説いた。午後からの打撃練習から積極的にアドバイスを開始。入団1年目の井上のティー打撃時には、来季からコーチ待遇となる金星根監督付特別アドバイザーと密着マーク。大御所コンビが将来の4番候補となる18歳にたっぷり教えた。

 「日本一を逃したのは残念ですが、もう1回、出直せという神の啓示。みんなで前向きに捉えて選手を底上げしたい。藤本監督もすごく張り切ってくれている。いい成果が上がるのでは、と思っています」と充実していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月5日のニュース