オリックス・平野佳「連投があってもおかしくない」リミッター解除で全試合登板にも意欲的

[ 2021年11月5日 05:30 ]

<オリックス練習>キャッチボールする平野 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックスの平野佳がCSファイナルS(10日開幕、京セラ)でリミッター解除も辞さない構えを示した。

 「そういう(全試合投げる)つもりでいようとは思っています。連投があってもおかしくないと思う」。

 チームは12球団で唯一、救援投手の3日連続登板がなく平野佳も4日間で2度、3試合に投げただけ。14年の日本ハムとのCSファーストSでは1勝1敗の第3戦で延長10回に中田に決勝弾を浴びた。

 「初めての子も多いし気合を入れていくのが大事」。ベテランが日本一にけん引する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月5日のニュース