東北福祉大・椋木、プロでも「ムック」と呼んで!オリックスドラ1位右腕が仮契約

[ 2021年11月5日 18:25 ]

色紙に「100勝100セーブ」と目標を記したオリックスドラフト1位椋木。真新しいサインは「ムックレン」の文字が
Photo By スポニチ

 オリックスからドラフト1位指名された東北福祉大の最速154キロ右腕・椋木(むくのき)蓮(21)が仙台市内で契約金1億円+出来高5000万円、年俸1600万円(いずれも推定)の最高条件で仮契約した。

 背番号は15に決定。色紙には「100勝100セーブ」と記し「今は日本ハムのエース上沢さんの番号ですけど、将来は“椋木がつけているから15をつけたい”という学生選手が出てくくれれば…」と意気込んだ。

 学生時代の愛称は“ムック”。「プロでもそう呼ばれたい」と真新しいサインには「ムック・レン」と大文字で綴った。

 チームは25年ぶりのリーグVを飾ったが「先発でも抑えでも任された場所で抑えたい。2年連続優勝へ、自分が少しでも力になれれば…」と宣言。この日午前中には秋田県の社会人チーム・TDKと練習試合を行い、椋木も2回無失点に抑え、大事な席に臨んだ。

 「冬場も投げ込みを続け、キャンプ初日からブルペンに入ってアピールしたい。入寮まで体を大きくしたい」と80キロの体重をさらにパワーアップさせたい意向だ。「フォークやスライダーはあるけど、学生相手だから通用したと思う。もっと精度を上げたい」。チームには先発なら山本由伸投手(23)ストッパーなら平野佳寿(37)と最高の手本がいるとあり「吸収できるところは学んで…。教えて頂ける機会があればお願いしたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月5日のニュース