巨人打線、好投の山口援護できず無得点 初回の重盗失敗響いた

[ 2021年7月1日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0-1広島 ( 2021年6月30日    東京D )

<巨・広>9回、敗戦し厳しい表情で腕を組む原監督(右)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 巨人は初回2死一、三塁で5番・坂本を迎えた絶好の先制機。5球目に意表を突いた重盗が失敗に終わった。

 その後も九里を攻めあぐね、6安打も無得点。三塁まで走者を進めたのは初回のみだった。結果的に最大のチャンスを逃し、今季5度目の零敗。

 それでも原監督は「まあそこを言っちゃうとね。しょうがない」と淡々と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年7月1日のニュース