日本ハム“新守護神”杉浦 会心の3K!「一つ役割を与えてもらえたことはうれしい」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム7ー0西武 ( 2021年3月3日    札幌D )

9回に登板した杉浦(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 今季守護神を任される日本ハム・杉浦が9回に登板して、最速152キロに達した力のある直球を主体に岸、山田、牧野の西武若手3人を全て空振り三振に斬った。オープン戦初戦勝利のマウンドを守る、会心の襲名披露となった。

 従来の先発と、昨季終盤に試された抑え。いずれにも対応できる準備を進める中、名護キャンプ中に栗山監督から役割を伝えられた。「チームから求められ、一つ役割を与えてもらえたことはうれしい」と意気に感じた。

 先発と違い、出番はいつ訪れるか分からない。シーズンを通してブルペン待機を務めた経験はなく、ここから調整の「形」をつくっていく。「新たな挑戦」と話した上で「毎日準備することになるので、特別なことはせず、毎日自然体で臨むのが一年間続ける上で一番いいのかなと思う」とイメージしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース