西武・辻監督 制球難、併殺、失策の悪循環に「ストレスがたまりました」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

オープン戦   西武0―7日本ハム ( 2021年3月3日    札幌ドーム )

<日・西>力投する先発の松本(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 西武の開幕ローテーション入りが有力な2投手がそろって不安を残した。投球時、電光掲示板に同僚・浜屋の顔写真が表示されるハプニングがあった先発の松本は3回2/3を2安打も4失点。6四死球と大荒れで「初回から球数も投げて去年と一緒の課題が出てしまった」とうなだれた。

 3番手の今井も4回3失点とピリッとせず。打線も4併殺、守備でも3失策と悪循環に陥り、辻監督は「ストレスがたまりました」と嘆いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース