東芝・吉村 4球団スカウトの前で3回4K 初回失点も「修正できたのはプラスに捉えたい」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

オープン戦に登板した東芝・吉村
Photo By スポニチ

 今秋のドラフト候補に挙がる東芝・吉村貢司郎投手(23)が3日、横浜市内で行われたJFE東日本とのオープン戦に先発した。

 3回2安打4奪三振3失点の内容に「(3失点した)初回は自分の中でタイミングが合っていなかった。2回から修正できたのはプラスに捉えたい。真っすぐで内角を突いたり、カーブの抜けた球がなかったところは良かった」と振り返った。4球団のスカウトが視察する中、この日は最速147キロを計測。巨人・榑松伸介スカウト部次長は「直球も変化球も高いレベルのボールを投げられる。バランスのいい投手」と評した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース