日本ハム・古川、本拠地デビュー新人一番乗り 7回の守備から出場「体調管理をしっかりしないと」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム7ー0西武 ( 2021年3月3日    札幌D )

 日本ハムドラフト3位・古川(上武大)がチームの新人一番乗りで本拠地・札幌ドームデビューした。7回の守備からマスクをかぶり、堀、北浦、杉浦とバッテリーを組んで3回無失点、6奪三振。「投手のいいボールをどんどん使うことと、テンポ良くリードすることを心掛けた」と振り返った。

 8回先頭で迎えた初打席は2球ファウルした後に中飛だったが、3球全て手を出す積極性があった。沖縄のキャンプ地から寒い札幌に入ったのも初めての経験。「体調管理をしっかりしないと」と気を引き締めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース