広島ドラ1栗林 1年目は救援起用が決定「自分に合う調整法を見つけたい」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

広島・栗林
Photo By スポニチ

 広島は、本拠地で全体練習を再開し、ドラフト1位・栗林(トヨタ自動車)はブルペンで57球の投球練習に汗を流した。

 1年目は救援での起用が決定。「どこで体を動かし、どこで投げ始めるか。自分に合う調整法を見つけたい」とし、オープン戦期間中は結果だけでなく、登板前のルーティン確認も重視したい考えだ。

 広島の新居で妻の沙耶さんとの生活も始まり「妻に自分の生活リズムを知ってもらうこともできる。ここからが本当のスタート」と気合を入れた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース