日本ハム・浅間、1軍生き残りへ魅せた2打席!途中出場で中犠飛&左翼フェンス直撃の二塁打

[ 2021年3月4日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム7ー0西武 ( 2021年3月3日    札幌D )

5回無死満塁、中犠飛を放つ浅間(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの浅間が途中出場からの2打席でアピールした。守備から入り、初打席は5回。2点追加後の無死満塁で今井が投じた153キロ直球を捉えて中犠飛とした。8回には再び今井から左翼フェンス直撃の二塁打。「(二塁打は)今までの実戦にない感触だった。2打席で自分のバッティングはできた」と口にした。

 外野陣は近藤、西川、大田とレギュラーが固まり、1軍生き残りの競争はし烈。キャンプの実戦から好結果を続けるプロ7年目は「打ち続けるしかない。しっかり覚悟を持って打席に入りたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース