「京セラの申し子」オリックス・ドラ6阿部 親族見守る中、オープン戦初登板で無失点

[ 2021年3月4日 05:30 ]

オープン戦   オリックス0-2ロッテ ( 2021年3月3日    京セラドーム )

<オ・ロ>7回から登板したおっさんルーキー・阿部翔太(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト6位・阿部(日本生命)がオープン戦初登板で1回無失点。福田秀を直球、佐藤都はスプリットで空振り三振に仕留めた。

 「社会人の時はフォークを多く投げていましたが、プロでは直球の軌道で落ちる方がいいのかな」とスプリットに切り替えたのが奏功した。

 実家がドームから徒歩10分ほどにある「京セラの申し子」。両親、夫人、子どもらが見守る中で大きな一歩を記した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース