マリナーズ・菊池 OP戦初登板で2回1失点3K「オフに取り組んできたことが表現できた」

[ 2021年3月4日 02:30 ]

オープン戦   マリナーズ1-6インディアンス ( 2021年3月2日    ピオリア )

<マリナーズ・インディアンス>2回1失点の菊池(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池がインディアンスとのオープン戦に初登板し2回1安打1失点、3奪三振。「オフに取り組んできたことが表現できた。充実した初戦」と納得の表情だった。

 上げた右足を一度止めてから反動を使わずに投げる新フォームは制球力向上が目的だが、最速96マイル(約154キロ)を4度も計測し「初戦にしてはいい直球が投げられた」と笑顔。最大の収穫に挙げたのはスライダーで「重点的に取り組んできた。そのボールで2つ(空振り)三振を取れたのはプラス」とした。

 スコット・サービス監督も「このまま(状態を)上げていってくれれば」と評価。菊池は「精度を上げていけば間違いなく数字はついてくる。それを信じてやっていきたい」と3年目の飛躍を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース