日本ハム・近藤 OP戦初適時打!ファンの前で順調さアピール「しっかり走者を還す打撃ができた」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム7ー0西武 ( 2021年3月3日    札幌D )

4回2死満塁、2点適時打を放つ近藤(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・近藤がチームのオープン戦初適時打を放った。西武戦の4回、敵失、押し出し四球で2点が入った後の2死満塁で左前へ2点打。今年初めてのファンの前での試合で順調さを披露した。

 どっしりとして崩されない。いかなる時も近藤は自分のポイントまで球を呼び込んで打てる。沖縄キャンプで徹底的に振り込み、再びつくり上げてきた打撃。カウント1―2と追い込まれた状況で、宮川がウイニングショットに使ったフォークボールを的確に捉えた。畳み掛けたい場面で、シーズンのデモンストレーションとばかりに結果を出した。

 「久しぶりに北海道のファンの皆さんの前でプレーできるということで、試合前からとても楽しみな気持ちだった。チャンスでしっかり走者を還す打撃ができて良かった」

 昨季打率・340はリーグ3位。首位打者のオリックス・吉田正と1分差だった。昨年末には「差が何かを探し求めて、1番になりたい」と宣言。新選手会長にもなり「勝たないと面白くない」と話す。自分のバットを磨くことがその近道だ。

 4回の攻撃は大田の左中間フェンス直撃二塁打が口火。2死二塁からは谷口が三振振り逃げ、これに敵失が絡んで最初の1点が入った。清水、西川、中島が3連続四球を選んで2点目。ミスを逃さない野球は公式戦でも発揮したいものだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース