中日・岡林 三塁打で開幕1軍アピール 外野起用の根尾は「尊敬しているが、ライバル」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

オープン戦   中日1ー4ソフトバンク ( 2021年3月3日    ペイペイドーム )

<ソ・中2>5回2死、右中間三塁打を放つ岡林(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 高卒2年目の中日・岡林が持ち味の俊足巧打で開幕1軍入りを猛アピールした。

 0―3の5回2死、二保の144キロ直球をとらえ、右中間を深々と破る三塁打。「待っていても、甘い球は来ない。自分から積極的に振って、相手に圧をかけようと思った」と振り返った。

 根尾がここ2試合は外野でスタメン起用されており、1軍枠を争う直接の相手ともなるだけに「尊敬しているが、ライバルという部分もある」と存在を刺激材料に全力で試合に臨む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース