楽天“ポスト浅村”黒川 開幕1軍へ打って生き残る「一打席一打席が勝負」

[ 2021年3月4日 05:30 ]

初の開幕1軍を誓う黒川(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 楽天で高卒2年目の黒川が初の開幕1軍を誓った。「ポスト浅村」として期待される大型二塁手。2月の練習試合は全9試合で先発し、打率・389と好成績を残した。6日から始まるオープン戦に向け「結果を出して生き残る。一打席一打席が勝負」。

 内野の選手層は厚い。浅村や鈴木大、銀次、茂木、小深田らレギュラー組に加え、トレードで加入した横尾も4日から合流。仙台の本拠地での練習後に静岡に移動した19歳は「投手のレベルも上がってくるけど、打ちまくりたい」とアピールを続ける。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース