レイズ・筒香 2打席でニゴロと四球、メジャー実戦初の一塁は無難 指揮官評価

[ 2021年3月4日 04:22 ]

オープン戦で一塁の守備についたレイズ・筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智外野手(29)は、3日(日本時間4日)のパイレーツ戦に「5番・一塁」で先発出場。第1打席は2回の先頭で二番手右腕ミゲル・ヤフレに1-1から高めのカッターを打って二ゴロ、第2打席は4回無死一塁で右腕ニック・ミアーズにフルカウントから四球。1打数0安打だった。守備ではメジャーで初めて実戦で一塁を守ったが、初回に2つの二ゴロ、4回に2つの遊ゴロが転がり、筒香は送球を無難に大きなファーストミットに収めていた。5回表の守備からトリスタン・グレイ選手と交代した。

 試合後、ケビン・キャッシュ監督は、筒香の守備について「ヨシは一塁でとてもいい感じでプレーしていた。コーチたちもそう言っていた。引き続き、ポジショニングやフットワークの練習を続けるが、今日はすごく自然だった」と好評価を与えていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月4日のニュース