ドラフト候補左腕のJR東日本・伊藤、3被弾KO「予選は甘くない」 チームは逆転勝ち

[ 2020年9月24日 05:30 ]

都市対抗野球 東京2次予選   JR東日本8ー5セガサミー ( 2020年9月23日    大田 )

<JR東日本・セガサミー>3被弾と乱調だった伊藤
Photo By スポニチ

 都市対抗東京2次予選が開幕した。JR東日本のドラフト候補左腕・伊藤は3本のソロを浴びて6回途中で降板。拙攻続きだった打線は0―3の8回に代打の新人・金子の左前打を皮切りに打者12人の猛攻で一挙8点を奪い、逆転勝ちした。

 準決勝に進んだ浜岡武明監督は「5併殺に5本塁打も打たれるなんて見たことないゲーム。本当に野球は分からない。良い教訓になった」と振り返り、伊藤は「予選は甘くない。引き締まった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月24日のニュース