NTT東日本の最速152キロ左腕・佐々木が1回無失点 スカウト「上位指名もある」

[ 2020年9月24日 13:58 ]

都市対抗東京2次予選 第1代表決定1回戦   NTT東日本10―0JPアセット証券 ( 2020年9月24日    大田スタジアム )

威力抜群の直球を投げたNTT東日本・佐々木投手(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 NTT東日本の最速152キロ左腕・佐々木健投手(24)がプロ10球団のスカウトが視察する中、8回に4番手で登板。最速148キロの直球にスライダーとチェンジアップを織り交ぜ、1回を無安打無失点に封じた。1四球を出したものの、「課題として取り組んできたクイックを実戦でできて良かった」と次戦に向けてのプラス材料とした。

 スタンドで視察した広島・尾形佳紀スカウトは「左投手では上位のレベル。左の先発は貴重なので先発登板も見てみたい。ポテンシャルは十分なので、公式戦で結果を出し評価を上げることができれば上位指名もある」と評した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年9月24日のニュース