ロッテ・佐々木朗 試合前に3度に分けて「投げ込み」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―5楽天 ( 2020年9月23日    楽天生命 )

<楽・ロ>キャッチボールする佐々木朗(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗が、試合前に3度に分けてキャッチボールを行った。まず他の投手陣とともに軽めに。その後は外野で約10分、強めにボールを投げ込んだ。途中で一度ベンチ裏に下がり、最後には再び20メートルほどの距離で、吉井投手コーチからアドバイスを受けながら約15分、力を入れて腕を振った。

 これまであまり見られなかった「投げ込み」。佐々木朗は体づくりに主眼を置いて1軍に同行しながら練習を続けており、吉井コーチは「体の成長を見ながら」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月24日のニュース