ロッテ・佐々木朗 グラウンドに最後まで残ってキャッチボール

[ 2020年9月24日 16:52 ]

<楽・ロ>和田(左)とダッシュする佐々木朗(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗が、楽天戦の試合前練習でキャッチボールを行った。

 練習の最後、外野の右翼スタンド前で約25分。力を入れて直球を投げ込んだ。他の選手はほとんどが練習を終えて引き揚げており、そんな中で右腕はグラウンドに最後まで残ってキャッチボールを続けた。

 佐々木朗は体づくりに主眼を置いて1軍に同行しながら練習を続けている。キャッチボールの前には50メートルダッシュなどを熱心に繰り返していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月24日のニュース