マエケン 6回3安打3失点で降板、今季6勝目&日米通算150勝の権利

[ 2020年9月24日 11:04 ]

ア・リーグ   ツインズ―タイガース ( 2020年9月23日    ミネアポリス )

タイガース戦に先発したツインズ・前田(AP)
Photo By AP

 ツインズの前田健太投手(32)が23日(日本時間24日)、本拠地・ミネアポリスでのタイガース戦に今季11度目の先発登板。6回4安打3失点で、勝利投手の権利を持って降板した。勝てば、プロ野球広島時代の97勝も含めた日米通算150勝に到達する。

 初回はいきなり先頭のレイエスに遊撃内野安打されたが、続く3人を打ち取り無失点。2回から5回までは無安打投球を見せた。6点リードで迎えた6回1死一、二塁からカブレラに左中間に3ランを浴び、この回を終えたところで降板した。

 前回登板の17日(同18日)のホワイトソックス戦(シカゴ)では、5回5安打2失点、8奪三振で勝利投手の権利を得て降板したが、救援投手が逆転を許し今季6勝目はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月24日のニュース