ソフトバンクVS日本ハム 10月2~4日は「#ロボット応援大戦」、ファン交流を企画

[ 2020年9月24日 18:20 ]

10月2日から4日のソフトバンク-日本ハム戦で実施される、ロボットを通じて遠隔で応援できる「#ロボット応援大戦」
Photo By 提供写真

 ソフトバンクと日本ハムは24日、ロボットを通じて遠隔で応援できる「#ロボット応援大戦」を、10月2~4日に福岡PayPayドームで開催されるソフトバンク―日本ハム3連戦で実施すると発表した。

 このイベントはロボットを通じて、両球団のファン交流を図る企画で、ソフトバンクは「Pepper」と「Spot」が、日本ハムは「Future Box Seat β」や拍手ロボットが、ロボットのテクノロジーを駆使して試合中の応援および7回のラッキー7に「ファンから募集した応援ダンス」を披露する。さらに、球場内にいるロボット目線でオンライン観戦できるなど権利が当たるキャンペーンなど様々な企画を実施し、シーズン終盤戦の試合を盛り上げる。詳細は両球団の公式サイトを参照。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月24日のニュース