ENEOS・藤井聖 2回零封「直球中心でしっかり投げられた」 プロ注目150キロ左腕

[ 2020年9月3日 05:30 ]

都市対抗野球2次予選   ENEOS9―1JFAM EMAZON ( 2020年9月2日 )

<都市対抗西関東予選 JFAM EMANON―ENEOS>3番手で登板したENEOSの藤井
Photo By スポニチ

 ENEOSは今秋ドラフト候補の150キロ左腕・藤井聖が3番手で登板。この日は最速148キロをマークし2回1安打無失点で「直球中心でしっかり投げられた」と振り返った。

 先月のオープン戦で打ち込まれ、今年から指揮を執る大久保秀昭監督にカミナリを落とされて「真っすぐ中心に初回から飛ばそう」と原点に立ち返った。指揮官も「今年一番良いくらいの投球だった」と称えた。3球団のスカウトが視察し、阪神の和田豊TAは「上位候補と言われるだけの直球だった」と評価した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月3日のニュース