ダルビッシュ ハーラートップタイ6勝目!6回8K無失点で6連勝、防御率1・47 チーム連敗3で止めた

[ 2020年8月30日 08:00 ]

ナ・リーグ   カブス3―0ホワイトソックス ( 2020年8月29日    シンシナティ )

カブス・ダルビッシュ有投手(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(34)が29日(日本時間30日)、敵地・シンシナティでのレッズとのダブルヘッダー1試合目(7回制)に今季7度目の先発登板。走者を出しながらも要所を締めて6回104球を投げ7安打無失点で、ハーラートップタイの6勝目を挙げた。初登板での黒星後、6戦6勝とし、防御率は1・47となった。チームは3―0で勝ち、連敗を3で止めた。

 初回は3者凡退で立ち上がり、1点のリードをもらった直後の2回は1死一塁から秋山翔吾(32)とメジャー初対決し、バットに捕手のミットが当たる打撃妨害で出塁を許したものの、続くペイトンを右飛に打ち取った。2点のリードとなった3回は2死一、二塁、4回は2死一、三塁、5回も2死満塁と得点圏に走者を背負ったものの無失点。3点リードとなった6回は先頭の秋山に日米通じて初安打となる右前打されたが、後続を抑えて、この回で降板。最終7回をジェフリスが締めた。

 ダルビッシュは前回登板の23日(同24日)のホワイトソックス戦(シカゴ)では7回103球を投げ6安打1失点、10奪三振でリーグ単独トップの5勝目を挙げていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月30日のニュース