合同練習会 西日本会場が終了、楽天・後関スカウト部長が12球団を代表して総括

[ 2020年8月30日 19:36 ]

プロ志望高校生合同練習会 ( 2020年8月30日    甲子園 )

<プロ志望高校生合同練習会>室内練習場でのシート打撃の様子がビジョンに映し出される(撮影・大森 寛明) 
Photo By スポニチ

 2日間の日程で、阪神甲子園球場で行われたプロ志望高校生合同練習会(西日本会場)が終了したことを受け、楽天・後関昌彦スカウト部長が12球団スカウトを代表して総括を行った。

 「こういう形で合同練習会が開催でき、77人の選手を見ることができてよかったです。一般的に選手はいいアピールができたのではないか。(プロに)行きたい思いを受け止めながらいました。今年はこういう機会があったが、可能なら来年以降も継続して、我々も見られれば。埋もれている選手、いろいろな選手にチャンスがあるよう、我々も協力したいと思います。プロに行きたい選手がたくさんいるのは、我々にとってもいいことです。(新たな発見は?の質問に)今年に関しては見きれていない部分があった。出向きたいところだが、(ここで)パフォーマンスを見せてくれて助かりました」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月30日のニュース