阪神2軍 才木が昨年5月19日以来の公式戦先発で5回1失点と好投

[ 2020年8月30日 15:19 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―オリックス ( 2020年8月30日    鳴尾浜 )

阪神・才木
Photo By スポニチ

 阪神は才木浩人投手(21)が公式戦では昨年5月19日のウエスタン・リーグ広島以来となる先発登板を果たした。同戦で右肘を痛めてからは最長となる5回を投げて、5安打1失点。完全復活に向けてステップを踏んだ。

 試合は2回2死一塁から板山がオリックス先発・本田から右中間への適時二塁打を放ち阪神が先制。1―2と逆転された7回には28日に小林とのトレードでオリックスに移籍した飯田が登板し、原口の二塁打などで1死三塁の好機を作るも板山が左飛。タッチアップした三塁走者の奥山も本塁でアウトになり、得点を奪うことはできなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月30日のニュース