DeNA・浜口 2日練習試合へ意気込み「テンポの良い投球を」好状態キープ

[ 2020年6月1日 15:37 ]

DeNAの浜口
Photo By スポニチ

 DeNAの左腕・浜口が1日、練習試合が再開される2日の楽天戦(13時~、横浜スタジアム)の先発へ向けて意気込みを口にした。

 この日は練習は休日。久々の実戦登板に向けて、球団広報を通じて「シート打撃、紅白戦で投げてきて、少しずつ球数も増やしてきている。自分のやりたいこと、球数を多く投げることをテーマに試合に臨みたい」とコメントした。

 再開される練習試合の初戦のマウンドを託された。「チームの戦力の中で軸としてやらないといけない立場にいると思う。久しぶりの対外試合で試合勘も薄くなっている部分もある。テンポの良い投球をして、打者の皆さんにも攻撃に入っていきやすいよう心掛けたい」。

 長らく自主練習の期間が続いたが「体はいい状態をキープしている。開幕まであと2、3試合投げられると思うので、球数を投げられれば」と浜口。新型コロナウイルスの感染拡大で大幅に延期された開幕にこぎつけ「素直に試合ができることに喜びを感じた。ホッとした。ある程度制限のある中での開幕。ファンの皆さんは(テレビの)画面越しになってしまいますが、僕らは全力でプレーしないといけない」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月1日のニュース