プロ野球一部日程を発表、パは開幕カード以外は同一カードで6連戦

[ 2020年6月1日 16:52 ]

 プロ野球のセ、パ両リーグは1日、新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が大幅に遅れた今シーズンの一部日程を発表した。

 発表されたのはセが7月23日、パが同19日までの日程。6月19日の開幕カードは全て18時試合開始で、セが巨人―阪神(東京ドーム)、ヤクルト―中日(神宮)、DeNA―広島(横浜)。パが西武―日本ハム(メットライフ)、オリックス―楽天(京セラドーム)、ソフトバンク―ロッテ(ペイペイドーム)。

 移動による感染リスクを減らすため、パは開幕カード以外は同一カード6連戦が組まれた。また、西武は開幕から15試合連続で本拠地で試合を行う。

 セではヤクルトが開幕から15試合連続で本拠地・神宮で試合を開催する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月1日のニュース