巨人、2年目右腕・沼田を支配下選手登録 「初心を忘れず常に高いところを目指したい」

[ 2020年6月1日 05:30 ]

支配下選手登録された沼田(左)とフォトセッションに応じる原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は5月31日、育成選手の沼田翔平投手(19)と支配下選手契約を結んだと発表した。年俸は推定420万円で、背番号は016から「92」に変更された右腕は東京ドームの記者会見で「育成として入って、はい上がるという気持ちでやってきた。初心を忘れず常に高いところを目指したい」と意気込んだ。

 旭川大高から18年育成ドラフト3位で入団した2年目右腕。今季のオープン戦では5試合連続無失点を記録した。支配下契約直後に、北海道の家族に電話で報告したが「最初は信じていなくて…」と笑わせた。打者に向かっていく強気の投球が持ち味で、中継ぎ投手として計算される。原監督は「コントロール、勝負度胸は2年生とは思えないものがある。1軍で勝ち残って、1軍のメンバーとして最後の最後まで戦ってもらう」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月1日のニュース