阪神・青柳 2日広島戦に先発「どういったピッチングができるか楽しみ」

[ 2020年6月1日 12:37 ]

<阪神練習> 笑顔でキャッチボールをおこなう青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・青柳晃洋投手(26)が1日、甲子園での投手指名練習に参加。明日2日の広島との練習試合に先発予定の右腕はキャッチボールやショートダッシュなどで調整を行った。

 前回29日の紅白戦では1回無失点と順調な仕上がりを披露したが、今回は久々の対外試合となるだけに「自分がどういったピッチングができるかというのは楽しみ。対戦する中で真っすぐと変化球のどういう組み立てで抑えられるのか試していきたい」とテーマを掲げ、対戦を心待ちにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月1日のニュース