“ドラゴンボール”巨人・太田 4回1安打無失点で1軍アピール 「もっと直球で押していけたら」

[ 2020年6月1日 05:30 ]

巨人紅白戦①   紅組0-3白組 ( 2020年5月31日    東京ドーム )

力投する太田(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト2位・太田が2軍選手中心で行われた紅白戦第1試合に白組で先発。4回1安打無失点、5奪三振に抑えた。

 「龍」という名前から「ドラゴンボール」と称される直球は最速153キロ。この日は140キロ台中盤と制球重視で、カットボールとツーシームを駆使して打ち気をそらし「芯を外した投球ができた。これからはもっと(直球で)押していけたら」と先を見据えた。

 今年の新人は支配下6人中5人が高校生。唯一の社会人右腕としてJR東日本から入団したが、コンディション不良のため実戦デビューは3月12日の紅白戦と出遅れた。

 体重を軸足に残す下半身主導の投球フォームに変更し「フォームを修正する前は上(半身)で投げている感じだった。最近ちょっとずつ下半身が使えてきた」と手応え。このまま成長を続け、1軍の先発争いに食い込む。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月1日のニュース