阪神 藤川登板時の特別ビジョン演出発表 日米通算250セーブに向け「みなさまからのパワーをもらって」

[ 2020年6月1日 11:22 ]

今シーズン、藤川が最終回にリードした場面で登板する際に使用する特別仕様のビジョン演出
Photo By 提供写真

 阪神は1日、2020年シーズンにおいて藤川球児投手(39)が最終回にリードした場面で登板する際に他の選手とは異なる特別仕様のビジョン演出を行うことを発表した。

 日米通算250セーブまで残り7セーブと迫っている藤川をファンと共に後押しすべく、藤川の代名詞でもある「火の玉ストレート」をイメージした演出となっており、明日2日から始まる練習試合では藤川の登板時にビジョン演出を行う。

 また、「藤川球児選手応援メッセージタオル」を公式オンラインショップ「T―SHOP」にて2日から発売することも併せて発表された。藤川は球団を通じて「これまで積み重ねた自分の記録はタイガースファンのみなさまと共に作ってきたものだと思っています。今シーズンは無観客の試合であったり、これまでのような超満員での試合は難しい状況かもしれませんが、みなさまからのパワーをもらってマウンドに上がりたいと思います。最高のパフォーマンスをお見せできるよう全力を尽くしますので、これまでと変わらず熱い応援よろしくお願いします」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月1日のニュース