阪神・谷本球団本部長 チーム遠征時のガイドラインについて説明、コロナ感染防止を徹底

[ 2020年6月1日 19:30 ]

阪神の谷本球団副社長兼本部長
Photo By スポニチ

 阪神の谷本修球団本部長(55)が1日、7月23日までのシーズン日程が決定したことを受け、報道陣の代表取材に対応。シーズン中の遠征時のガイドラインについて説明した。

 基本的に選手らのホテルからの外出は禁止とした。「関東滞在中も名古屋も広島もホテルに缶詰状態になりますからね。そこは気の毒ではあるんですけどね。外食も禁止。最寄りのオンフットで行ける範囲のコンビニに行くぐらいは許しますけど。それ以外は外出は禁止なんで」。食事に関しても「一般人と交わらないように貸し切りの宴会場で時間帯も若干延ばして密をつくらないように。バイキング方式で同じトングなどで取る形は禁止して、ホテル側がご準備いただいている一人分のものを各自が取っていく形になると思います」と新型コロナウイルスの感染防止を徹底する。

 球団スタッフの帯同についても「選手の人数やトレーナーや練習に関わるスタッフなどの人数は別として、その他の不要不急の帯同者は減らす方向です」とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年6月1日のニュース