巨人・原監督 元木ヘッドの現役時代は「試合に出なかったときも戦力」 監督室からインスタライブ登場

[ 2020年6月1日 12:59 ]

巨人の公式インスタライブに出演した原監督(上)と元木ヘッドコーチ
Photo By 提供写真

 巨人・原辰徳監督(61)が1日、球団公式インスタライブに出演した。MCを務めた元木ヘッドコーチと和気あいあいとしたトークで、ファンを楽しませた。

 めったに公開されることのない東京ドーム内の監督室から配信。歴代の監督の色紙が飾られている様子を紹介し、原監督は「未来永劫(えいごう)ジャイアンツの監督が守ってくれたら」と願った。元木コーチに「次、狙ってるって?」と突っ込むと、同コーチは「どこに飾ろうかな」と切り返して笑わせた。

 元木ヘッドからの「監督(の仕事)は大変ですか?」という質問には「大変と思ったことはないですね。選手の時の方が苦しいことは多かった」と回想した。一方で、元木ヘッドは「僕は試合に出てるより休んでいる方が多かったので」と言うと、スタッフも大笑い。原監督は元木ヘッドを「ベンチで(相手を)いじり倒す。試合に出なかったときも戦力になる」と現役時代を振り返って盛り上がった。

 途中には宮本投手チーフコーチも乱入。和気あいあいとした雰囲気に、ファンからは喜びの声が上がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月1日のニュース