オリックス・ジョーンズ本番モード 2日から守備、9日から来日初ビジター参戦も

[ 2020年6月1日 05:30 ]

練習を終え、引き揚げるジョーンズ(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 本番モードに突入だ。オリックスに新加入したジョーンズがあす2日ソフトバンクとの練習試合から「4番・右翼」で先発するほか、9日からの博多遠征に同行し来日初のビジター参戦する方針が決定。代表取材に応じた西村監督が明かした。

 「打席に立ってね、アタマから。打席と同じくらい守ってもらう予定。ビジターにも行かせて、開幕に向けての打席数とかクリアするところはあるので」

 待ちに待った日本デビューへ、超大物がギアを上げる。対外試合は3月14日の阪神戦以来2カ月半ぶり。27日の紅白戦では、山本の直球を捉えて中越え二塁打を放つなど順調な調整ぶりを示しており、打席数をさらに増やし「6・19」へ最終仕上げにかかる構えだ。

 この日、京セラドームでの全体練習では外野ノックなど守備練習のみの独自調整で切り上げた。西村監督は「“きょうは打撃は”というところで。調整のところで」と信頼を寄せる。昨季最下位からの逆襲へ、新助っ人が“予行演習”に取り掛かる。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月1日のニュース